IF Vietnam スタッフブログ

無名の関係

      2018/05/18

こんにちは!My(ミー)と申します。

友人から聞いた、愛情についての気持ちを皆さんに共有したいと思います。ちょっと寂しいことですが、快い曲を聴きながら、これから共有することを読んだら、きっと知っておくべき愛の良い体験になると思います。

「生き方を選んで、愛する方法を受け取る」

なぜ友人があいまいな関係を持ちたいと思うか分かりません。親友以上ですがまだ恋人ではないという意味です。途中にあって、明確ではなく、何を名付けるか知りません。

1

そのような関係は二人に安心感を与えると彼女は言い続けています。拘束か約束なんかは必要がないです。彼のことを思い出したり、語らいたかったりしたら会いに来て、そうでなければしないです。

友人が誰かに与えたはっきりしない関係、あいまいな感情はそのような感じです。それは、広大な海を漂っている水滴のように生半可に存在して、また希望してもこの感情は設定した限界を超えることはできません。

2

心遣い、共有、心配などのような感情は恋人と変わりませんが、関係内の地位は恋人ではありません。名前を付けることができないこの関係は心地良い感じを与えられ、楽しいこともありますが、非常に悲しいことです。あやふやですからこそ、怒ったり、やきもちをしたり、要求したりするなんては権利がなく、不満を抱くわけがありません。その感情は本当に不快だと感じますが、なぜ彼女はそのように心を苦しめるのがそんなに好きでしょうか。

「あいまいな関係を受け入れることは、あなたの手に熱い石があるようなものです。これは非常に苦痛ですが、投げ捨てることはできません。彼を愛することもそうです。悲しくて痛いですが、辞められません。」と、どこかで読んだことがあります。名前のない関係に入ると、二人は2本の平行線のようになり、交差点はなく、一緒に静かに歩くことしかできません。二人は出会って、知り合いになり、感情を生じますが、もっと進む方法はなく、お互いを認識する方法はありません。

3

そのような人間にならないようにしてください。そのような関係はあなたが傷つくのを助けるとは思わなく、希望しないでください。あなたは知ることは出来ないですよ、時には不明確な関係は分離よりも苦痛です。その友達以上恋人未満の関係は「無名関係」と呼んでいます。

聴いてくれてありがとうございます!

撮影者: My

 - 愛情