お客様の声Showcase

総務、労務、人事面のストレスなくダナンにオフィスを持っている感覚。やりとりも日本語なので、スムーズです。

前編

株式会社バーディモバイル

取締役     齋藤 義明 様 (写真右)
マネージャー 生谷 侑太郎 様 (写真左)

株式会社バーディモバイル 様

2013年創業。東京都渋谷区に本社を置く。
インターネット事業、インポートアパレル・EC・レンタル事業などを手がけるバーディグループのシステム開発・運用を始め、様々なお客様向けサービスのシステムを開発されているバーディモバイル様。時事刻々とトレンドが映り変わるIT業界において、常に新たな価値を生み出されている注目の存在です。
http://www.birdiemobile.co.jp/
業務内容:

アプリ開発、Eコマース、インターネット事業、サーバ構築・保守

IFVへの依頼:

ラボ型オフショア開発

>後半はこちら

海外拠点として「ベトナム」は、最優先項目でした。

齋藤様(以下、齋) 私たちバーディモバイルは、バーディグループのシステムを始め、外部向けサービスのシステム開発を行っています。ベトナムでのラボ型オフショアを検討し始めたのは、2年ほど前。2014年あたりからアパレルのPOSシステム開発に日本国内で着手していたのですが、Windows向けのシステム開発はあまり取り組んでおらず、それを海外でできないかと思ったのが、海外展開のきっかけです。

生谷様(以下、生) 海外のラボという概念で考えると、ベトナムは第一候補に上がる国です。国としてIT産業を推していること、人材教育に力を入れていること、そしてベトナム自体が今から伸びていく国であること、が理由です。実際、日本で求人を出してもなかなかいい人材を得られないですが、ダナンで求人を出すと多数の方が応募してきてくださる。ベトナムの方は非常に真摯で、日本人としっかり向き合って仕事をしてくれる信頼性の高い国民性ということも、大きな魅力でした。

 実際にベトナムの方と一緒に働いてみると、その素晴らしい国民性をより強く実感することができました。ダナンのラボのメンバーとの対話を通じて、彼らと一緒に仕事をしたいというのがラボをお願いしている最大の理由です。もちろんコストも大切な要素のひとつなのですが、国内外を問わず当社の基本的な考え方である「一緒に仕事をしたい人達かどうか」という視点で改めて非常に大きな魅力を感じています。
実は、IFVさんに出会う前、ホーチミンでとあるオフショア会社さんとの協業でプロジェクトを稼働させたことがあるんです。人材採用から任せっきりだったこともあって、要求する人員スキルレベルに届かず、一旦は頓挫。その頃にちょうどIFVさんをご紹介いただき再度プロジェクトが動き始めたんです。